初めての理系編入

編入のミスマッチをなくすをテーマにブログを書いてます。関係ないことも書きます。

【スポンサーリンク】

志望理由書は相手の気持ちになって考える 書き方と実践

書いた志望理由書を見せてくれと言われるので、今日は僕が書いた志望理由書を参考にしつつ、こんな流れで書きますよというのを書いていきます。

 

コツとしてはとにかく書きましょう。失敗してもよいので書きましょう。

 

目次

 

 

きっかけは何でもいいけど志望理由にしてはだめ

よくいるのですが「大学受験失敗したから!」「学歴ロンダリングのため!」っていうのはきっかけでいいのですが、これは志望理由ではありません。志望理由ときっかけは絶対に混ぜないでください。

 

 

大学はどんな人が欲しいのか考える

 まずこれを考えないといけません、順を追って考えましょう。

大学というのは何が目標でしょうか?それぞれの大学で目的が違うと思いますが、どの大学にも当てはまりそうなものを自分なりに考えてみると

 

・優秀な人材を育て、社会に出す

・優秀な研究成果を出し、社会に還元する

 

国からお金をもらっている以上、国に貢献しなくてはならないはずです。と考えると上の2つはどの大学に当てはまると思います。(当てはまらなかったらごめんなさい)

つまり編入試験で大学側はどんな人が欲しいのかというと

 

・社会にとって優秀な人材になりそうな人

・優秀な研究成果を出しそうな人

 

を大学側は欲しがるはずです。んでふと皆さんは思いませんでしたか?

 

「じゃあ大学受験で必要な人材全部取ればいいじゃん。編入試験を実施する意味ってなくない?」

 

確かにそういわれてみればそうですね、というか考えれば考えるほど余計泥沼にはまりそう・・・。僕もこれで合っているのか分からないですが僕なりの答えはこれです。

 

過ごした大学を経て将来に明確なビジョンを持ち始めた人を編入試験で取る

 

さっきの話で優秀な人材、研究者になりそうな人を欲しがると言いました、じゃあそういった人って何でしょうか?

そういった人々って「自分はこうなるんだ!だからあなたの大学に編入する必要がある!」っていうのを人に"説明"してさらに"説得"できる人ではないでしょうか。

"説明"は誰でもできると思います、ただ"説得"させるとなると非常に難しいです。では説得させるにはどうしたらよいか、次で説明します。

 

 

過去、現在、未来の3つの時系列を意識

説得させる方法って色々ありますが僕はこれは比較的わかりやすく、説得力もあるのではないかと思います。僕もこの書き方で志望理由書書きました。それぞれのブロックでこういうことを書くといいと思います。そこで気を付けてほしいのが必ず"一貫性"を意識してください。あっちこっちに話がずれると「んでこの子は何がしたいのか?」と思われてしまいます。

 

過去

今の大学に入った経緯でもいいと思います、高校の時にこういう考えがあったから今の大学に入ったって話をします。滑り止めの大学に進学された方もどうして滑り止めに選んだか徹底的に思い出しましょう。

 

現在

そして現在、ここが非常に大事です、なぜかというと大学受験では高校生はみんな勉強で精一杯になりますが、編入では「大学に入る」というイベントを経験をしております。その大学に入るというイベントをどう見ているのか、そこで何を思って編入試験を受けようとしたのか大学側は見るはずです。

どうして編入試験を受けようと思ったのかここで書きましょう。「~がしたくなった」ではなく「~をするために編入する必要がある、~をどうしてしないといけないかというと~~~~」という感じで"欲望"は入れないようにしましょう。わがままだと思われてしまいます。国からお金をもらっている以上「国のお金をわがままで使っていいの?」と考える人もいます。

 

未来

入った後の事、具体的には卒業した後の事も書きます。こういう研究したいです。じゃなくてこういう研究をすることで社会にこういう還元をして将来こういう人間になりたいぐらいまでです。

 

この3ブロックに一貫性を持たせることで説得力が超アップします。ここまでくれば「この子なら将来優秀な人材になりそうだなぁ」と大学側も思うはずです。本当に説得力があるのか不安であれば身近な人、例えば両親とかに見てもらいましょう。

 

今日はここまで、細かい書き方とかはプロの方が書いた本とかに乗っていると思いますのでそのあたりを参考にしてください。一応こんな本がありますよとリンクだけ貼っておきます。

 

ということで相手の気持ち(ここでは大学の教員)になって書きましょう。

あくまで僕自身の考え方なので「ここがおかしい!」とかあるかと思います。

 

 

基本的に相手は読んでくれないことを前提に書く

は?と9割の方は思ったのではないでしょうか

 

とりあえず相手の気持ちになりましょう。読んでもらうのは大学の教員、その教員はおそらく志望理由書を読むこと以外にどんな業務があるでしょうか

 

・自分が担当している授業の準備

・自分の研究

・研究室の雑務

・研究室の学生の指導

・予算確保のための書類記入

 

・・・

 

忙しいです、こんなこと言うとあれかもしれませんが恐らく志望理由書読んでいる暇があったら別の業務をしたいと思っているはずです。

それに加えて志望理由書を受験者分読まないといけない、そう考えると一人にかけている時間なんてかけたくない、そう考えてるはずです。

 (捕捉しますが中には一生懸命読んでくださる教員もいらっしゃると思います。個人的な考えなのであくまで考え方程度にとどめてください)

 

 

勝負は一文目にかかっている!

僕も研究でよく「文章なんか絶対読まないから図をしっかり、特に一枚目の図ですべて決まると思え」と言われます。というわけで一文目でどれだけ読み手の意識を向けられるか、そこに勝負がかかっています。

例えば「私は志望理由は~~~~~~~(自分の気持ちいっぱい書く)~~~~~~~である」と書いてあったらもう読む気失せます。いっそ

 

「私は○○の研究をしたい」

 

ぐらい短くしてもいいのではないでしょうか。こんなことを軽々しく口にしてますがこれがとても難しい、僕が入れられるといいなぁと思うのは

 

・「えぇ?こんなところに目を付けるの?」というような着眼点を含んでる

・どれだけ役に立つか

・そんなこと聞いたことがないというぐらい新しさを含んでる

 

この3つを入れられるとOK。

 

 

実際に書いてみた

では僕が編入試験を受けるというもとで書いてみます。筑波大を受けるという前提で800字で書きます。

正直第一文を考えるのは難しいので(前の指導教員も論文の「はじめに」の部分は書くのは割と難しいと言ってました)後回しにしてもいいと思います。ということで後回しにして書きましょう。

先ほどの記事に書いた通り「過去、現在、未来」の3つのグループに分けて書きます。いきなり書いても難しいとは思うので一文でおおよそのグループの指針を立ててみます。

 

過去:音との出会い

現在:音の研究をしたいと思ったきっかけ

未来:音の研究を手段としてどのような社会貢献を行っていくのか

 

ここの一文はあくまで指針なので難しく考えなくて大丈夫です。うまくいかないと思ったらここに戻ってください。

忘れていたのですが前後の話が矛盾しないでください。では書いていきます。

 

過去:音との出会い

 

中学生の時から吹奏楽部、軽音楽部に所属していて、演奏をするのも聴くのも好きであり、その延長で大学でも音の研究をしたいと考えていた。

 

短めですがこのぐらいで、全体を見て短いなぁとかあれば文字数を継ぎ足す感じで

 

現在:音の研究をしたいと思ったきっかけ編入学を決意したのは、ハイレゾ音源というものを聞いたときに、とてもリラックスした感覚になったことがきっかけだ。ハイレゾ音源にはCD音源には入っていない約20kHz以上の周波数の音を含んでいて、人の感情を落ち着ける働きがあるそうだ。私はこの人の感情を落ち着ける働きを利用して社会貢献ができないかと考えた。20kHzを超える周波数の高い音は可聴領域を超えており、人間の耳で認識することができない。そこで音が脳に影響を与えるか、雑音があるところでも効果があるのか、人間はどのような仕組みで感じ取るのかについて研究をしたい。そのためには音声聴覚情報処理、信号処理概論、ディジタル信号処理の授業を履修し、音に対する知識を深める必要がある。そしてマルチメディア研究室に配属され、研究を行いたい。マルチメディア研究室には脳波計測機器があり、なおかつ音声・音楽信号の知覚品質評価を行っているからである。周波数の高い音が脳にどのような影響があるか調べるにはこの研究室が良いと考えた。

 

ここがとても大事、ここでも時間の流れを意識しましょう。無計画だと「んで入って何するの?」となっちゃうので入ってからすること(この授業をとる、入る研究室とか)には触れましょう。編入するうえで今の大学に通って何を考えたのか、どのようなことに興味があるのか、どのような研究をするのかを明確にしましょう。

 

未来:音の研究を手段としてどのような社会貢献を行っていくのか


筑波大学に入学したら、可聴領域を超えた音の研究をし、ゆくゆくはさまざまな場所で使われるよう研究活動をしたいと考えている。例えば駅の自殺防止用の青い照明(青色の光は感情を抑える働きがあるとされている。)と同じ効果が音で実現できたなら、今よりも自殺件数を減らせるかもしれない。また、病院の待合室などで緊張している人たちの緊張をほぐしたりなど、いろいろなところで使えるのではないだろうか。

 

 2文目、中央線の満員電車に飲まれているときに思いついたので人生何が起こるか分からないですよね。

国からお金をもらって研究する以上、ただ研究したい!ではなく研究することによってこんな社会貢献(学術的貢献)ができますよということを書きましょう、全部くっつけてると

 

中学生の時から吹奏楽部、軽音楽部に所属していて、演奏をするのも聴くのも好きであり、その延長で大学でも音の研究をしたいと考えていた。

編入学を決意したのは、ハイレゾ音源というものを聞いたときに、とてもリラックスした感覚になったことがきっかけだ。ハイレゾ音源にはCD音源には入っていない約20kHz以上の周波数の音を含んでいて、人の感情を落ち着ける働きがあるそうだ。私はこの人の感情を落ち着ける働きを利用して社会貢献ができないかと考えた。20kHzを超える周波数の高い音は可聴領域を超えており、人間の耳で認識することができない。そこで音が脳に影響を与えるか、雑音があるところでも効果があるのか、人間はどのような仕組みで感じ取るのかについて研究をしたい。そのためには音声聴覚情報処理、信号処理概論、ディジタル信号処理の授業を履修し、音に対する知識を深める必要がある。そしてマルチメディア研究室に配属され、研究を行いたい。マルチメディア研究室には脳波計測機器があり、なおかつ音声・音楽信号の知覚品質評価を行っているからである。周波数の高い音が脳にどのような影響があるか調べるにはこの研究室が良いと考えた。

筑波大学に入学したら、可聴領域を超えた音の研究をし、ゆくゆくはさまざまな場所で使われるよう研究活動をしたいと考えている。例えば駅の自殺防止用の青い照明(青色の光は感情を抑える働きがあるとされている。)と同じ効果が音で実現できたなら、今よりも自殺件数を減らせるかもしれない。また、病院の待合室などで緊張している人たちの緊張をほぐしたりなど、いろいろなところで使えるのではないだろうか。

 

うーん一文目がつまらないですね、「いや、お前の中学の話なんか知らんわ、男子で吹奏楽部入っている人なんているでしょ」というクレームが飛んできそう。こんな文章を継ぎ足してはどうでしょうか。

 

私は将来、人の感情に作用する可聴領域を超えた高周波数の音の研究をし、公共の場で使われるようにしたい。

 

「お?何するんだこいつ?」ってなりそうですね。では改めて全文

 

私は将来、人の感情に作用する可聴領域を超えた高周波数の音の研究をし、公共の場で使われるようにしたい。中学生の時から吹奏楽部、軽音楽部に所属していて、演奏をするのも聴くのも好きであり、その延長で大学でも音の研究をしたいと考えていた。

編入学を決意したのは、ハイレゾ音源というものを聞いたときに、とてもリラックスした感覚になったことがきっかけだ。ハイレゾ音源にはCD音源には入っていない約20kHz以上の周波数の音を含んでいて、人の感情を落ち着ける働きがあるそうだ。私はこの人の感情を落ち着ける働きを利用して社会貢献ができないかと考えた。20kHzを超える周波数の高い音は可聴領域を超えており、人間の耳で認識することができない。そこで音が脳に影響を与えるか、雑音があるところでも効果があるのか、人間はどのような仕組みで感じ取るのかについて研究をしたい。そのためには音声聴覚情報処理、信号処理概論、ディジタル信号処理の授業を履修し、音に対する知識を深める必要がある。そしてマルチメディア研究室に配属され、研究を行いたい。マルチメディア研究室には脳波計測機器があり、なおかつ音声・音楽信号の知覚品質評価を行っているからである。周波数の高い音が脳にどのような影響があるか調べるにはこの研究室が良いと考えた。

筑波大学に入学したら、可聴領域を超えた音の研究をし、ゆくゆくはさまざまな場所で使われるよう研究活動をしたいと考えている。例えば駅の自殺防止用の青い照明(青色の光は感情を抑える働きがあるとされている。)と同じ効果が音で実現できたなら、今よりも自殺件数を減らせるかもしれない。また、病院の待合室などで緊張している人たちの緊張をほぐしたりなど、いろいろなところで使えるのではないだろうか。

(729字)

 

できればぎりぎりまで文字は埋めた方がいいです。いろいろ追加してみます。

 

私は将来、人の感情に作用するとされる可聴領域を超えた高周波数の音の研究をし、公共の場で使われるようにしたい。中学生の時から吹奏楽部、軽音楽部に所属していて、演奏をするのも聴くのも好きであり、その延長で大学でも音の研究をしたいと考えていた。

編入学を決意したのは、ハイレゾ音源というものを聞いたときに、とてもリラックスした感覚になったことがきっかけだ。ハイレゾ音源にはCD音源には入っていない約20kHz以上の周波数の音を含んでいて、人の感情を落ち着ける働きがあるそうだ。私はこの人の感情を落ち着ける働きを利用して社会貢献ができないかと考えた。20kHzを超える周波数の高い音は可聴領域を超えており、人間の耳で認識することができない。そこで可聴領域を超えた高周波数の音が脳に影響を与えるか、雑音があるところでも効果があるのか、どのような周波数特性をしている音が作用しやすいのか、しにくいのか、どのような効果があるのか、人間はどのような仕組みで感じ取るのかについて研究をしたい。そのためには音声聴覚情報処理、信号処理概論、ディジタル信号処理の授業を履修し、音に対する知識を深める必要がある。そしてマルチメディア研究室に配属され、研究を行いたい。マルチメディア研究室には脳波計測機器があり、なおかつ音声・音楽信号の知覚品質評価を行っているからである。周波数の高い音が脳にどのような影響があるか調べるにはこの研究室が良いと考えた。

筑波大学に入学したら、可聴領域を超えた音の研究をし、ゆくゆくはさまざまな場所で使われるよう研究活動をしたいと考えている。例えば駅の自殺防止用の青い照明(青色の光は感情を抑える働きがあるとされている。)と同じ効果が音で実現できたなら、今よりも自殺件数を減らせるかもしれない。また、病院の待合室などで緊張している人たちの緊張をほぐしたりなど、いろいろなところで使えるのではないだろうか。

(792字)

 

800字ギリギリまで詰めたいですがとりあえずここまで、追加した部分はアンダーラインを加えました。

 

どうでしょうか、過去に書いた文章なので修正を加えながら書いてみました。専門家の人からすればなんか違くね?ってこともあるかと思います。あくまで一例ですので参考程度にしてください、この文章まんま提出しちゃって合格して将来こんなはずじゃなかったって言われても責任は取れません。

 

 

 

ABOUT- この記事を書いた人-

20190520193945

Tsuyukey(id:Tsuquba)

都内の私立大から筑波大の情報科学類に三年次編入してそのまま大学院に進学。今は社会人。炭酸飲料が飲めないのが短所。質問、ファンメール等はお題箱orTwitterからどうぞ。詳しいプロフィールはこちらから。