初めての理系編入

編入のミスマッチをなくすをテーマにブログを書いてます。関係ないことも書きます。

【スポンサーリンク】

枠にとらわれずに生きたいのでフチなし眼鏡を購入したら、思惑通りにいかなかった

眼鏡を変えたことに誰も気付かなかったのでここで供養させてください。


お品書き
[contents:]

 

眼鏡との付き合い

中一の終わりぐらいから徐々に目が悪くなりだして、眼科に通ったりマジカルアイとかいろいろ試しましたが、全部ダメで今に至ります。追い打ちをかけるように年を取るにつれてさらに悪くなっていきました。今どれくらい悪いかといいますと

 

先輩「そんなに言うならどっちが目が悪いか、眼鏡の厚みで勝負してみる?」

僕「いいっすよ、僕10のマイナス乗オーダーで目が悪いですからね。」

・・・

先輩、僕「どっちが分厚いか見えない」

ってレベルです。勝負の内容もひどいですが、目の前のものが見えないぐらい視力がひどいです。

 

大学デビューするためにコンタクトも作りましたが、目に入れるのは心臓がバクバクして入れられないし、傷ついて病気になったらどうしようとビビってしまい、かれこれ5年前から一度もコンタクトにしておりません。それくらい眼鏡に依存しております。スパイダーマンみたいにある日突然視力良くなってほしい。

 


所持している眼鏡


f:id:Tsuquba:20190519110506j:image

おうちには今回購入した眼鏡を除いて3つあります。

 


f:id:Tsuquba:20190519110637j:image

1つ目がこれまで日常的に使っていたもの。スポーツモデルらしく、頭を激しく振っても吹っ飛ばないのが良いですね。

 


f:id:Tsuquba:20190519110650j:image

2つ目がPC用眼鏡、家に帰ってPC作業をしているときや、体調が悪い時にこの子をかけています。情報系だからたくさんPC触るでしょ、と母の気遣いから大学入学と同時に購入しました。目が疲れなくなるので、持っていて損はないかと。

 


f:id:Tsuquba:20190519110540j:image

3つ目が自転車用の度入りサングラス。僕の自転車は形状が特殊なので重心が下にあり、ほこりがとても目に入ります。

ですがこの子は目をきちんと覆い、埃が入らなくしてくれます。なので周囲の景色に目を光らせながら漕げます。


どの子も他の子には代用できない良さを持っていて気に入っています。5年前ぐらいから視力の低下は止まったので一安心しましたが、1つ目の子の購入からかれこれ5年以上買い替えていないのと、レンズが傷ついて視界に支障が出てきたので今回買い替えに至りました。

 


購入

ってことでこの間メガネ屋に行ってきました。行先はマスコットキャラクターが一時期松岡修造だったという理由で眼鏡市場です。願いは一つ、似合わないので眼鏡の存在感の無い眼鏡が欲しい。

そんなものはあるのかとそわそわ探していると、あるじゃないですか、フレームレス眼鏡。存在感が本当にない。周囲が共通の話題で盛り上がっているときに、その話題を知らなくて馴染めていない人ぐらいない。

かけてもそんなに違和感ないし、まるでステルス迷彩、気に入った!と、その場で購入を決断しました。ですがお店の方に

「お客様、かなり度数が高いのでもしかしたらレンズにネジが止まらないので作れない可能性があります。それとレンズに厚みが出るので思ったより存在感が出ちゃうと思いますけど大丈夫ですか?」

物は試しだと思い

「大丈夫です、作ってください。」

と注文をしました。


ご対面

7~10日ほどかかります、と言われのんきに待っていたら5日後ぐらいに出来ましたと連絡がきました。翌日取りに行ってご対面しました。わぁ、できた出来た・・・ん?

 


f:id:Tsuquba:20190519110721j:image


f:id:Tsuquba:20190519110736j:image


レンズが分厚すぎて白いフチが出来てる~~!!

一か八か作ったのですがお店の方が言った通り、思い通りにはいきませんでした。これ以外に存在感の無い眼鏡なかったし、しょうがない。

お店の展示品だとそんなに厚みは気にならなかったですが、僕のレベルに来るとだめみたいですね。

参考までに眼鏡の度数は左-5、右-6です。存在感をこれ以上なくすんだったらレーシックかコンタクトしかないっぽいです。

 

というお話でした。誰か、コンタクトでもレーシックでもない視力が良くなるデバイスか薬作ってくれ~~~。

ブログの収益化が通りました 11回落ちたり80記事削ったり30万円のコンサルに出会った話

こんばんは、つゆきです。この度GoogleAdsenseの収益化が通りました。うれしい!いつも読んでくださっている皆様がいたのでモチベを保つことが出来ました。

4月7日に申請して、通ったのが5月18日、11回ほど申請を拒否されやっと通りました。長かった。途中でブログを半分、もしくはそれ以上削ったり、変な商売に声かけられたりして大変でした。ということで今回は道のりを振り返ります。

 

お品書き

 

 

申請したきっかけ

先月新卒で就職したのですが、もうこの会社やってられん、と考えたのがきっかけです。具体的には残業出ないのにみんな文句言わないとか、上司と合わないとかとか・・・。と環境のせいにしちゃう自分がいて、こうなったら自分である程度稼げるようになった方が誰にも文句言わないし、文句言われないしで平和になると考えた次第です。

これまで「ライターとして食っていけば?」とか「ブログで食っていけば?」などアドバイスをもらっていまして・・・。ほかにも「労基の記事見ましたよ」とか「文才ありますよね」と言われて、こんな人間でも注目されるコンテンツが作れるんだと心が躍りました。

どうせだったら申請してしまおうと考え、はてブロproにしてGoogleAdsenseの申請をしました。

 

1回目の申請 サイトの停止または利用不可・・・?

アカウントの承認を受けるには、問題を解消していただく必要がございます

 

翌週こんな件名のメールが届いてました、結構記事数書いているのに通らないかぁと理由を見てみると

 

f:id:Tsuquba:20190518213321p:plain

サイトの停止または利用不可

 

サイトの停止または利用不可って・・・あるじゃん、僕のブログ「初めての理系編入」あるじゃん。

と思ったらサイトマップを送信していないと駄目らしく、Google Searchコンソールからサイトマップを送信しました。

他にも「お問い合わせフォーム」や「プライバシーポリシー」を設置しました。

 

 

2回目以降の申請 コンテンツの複製・・・?

んでサイトマップを送信したら、翌週またしても「アカウントの承認を受けるには、問題を解消していただく必要がございます」の文が、本文は

 

f:id:Tsuquba:20190518213250p:plain

 

 

価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)

 

待ってくれ、一度もパクり記事書いてない。調べてみると同じ内容のものや、文字数が少ないとこのような表示が出るそうです。

そこで統合できる記事は統合し、アクセスのほとんどない、もしくは価値のない日記系の記事は削除しました。

 

 

30万円でコンサル生になれます、自由になりましょう!

その後、何度も同じような記事を消して統合したり、日記系の記事を削除しましたが結果は変わらず。

就活と同じで、何度もお祈りメール(?)を貰っていると「俺のブログそんなに価値がないかぁ」と考えてきます。そこで思い出します、悩んでいるときは一人で考え込むのではなく、誰かに相談することを就活で学びました。つまり相談できる人を見つけよう。そう思い調べると一人ヒットしたのでその方に相談することに。

後日音声通話で相談をしました。頂いたアドバイス

 

Wordpressの方がいいよ」

「とんとこ豚の記事、SEO的にはタイトルをもっと変えた方がいい」

 

この2つ、通らない話は?と思ったんですけど無料だししょうがないね。それ以外は自分はコンサルをやっていて、月30万円稼ぐコンサル生がいるし、君も是非30万円払ってコンサル生になろうよ、今なら分割払い対応!とのお誘いでした。

適当に話を聞いていると「今回は特別なんですけど~」と、うざったいほど縦に長い、情報の密度が宇宙空間の水素分子のレベルのサイトが送られてきました。遊ぶ人を増やしたいとか、効率を上げて生きていきたいとか同意でしたが、さっさと切り上げようと思いました。

 

他にも

・半年で30万円だけど、それ以降は月々18000円(うろ覚え)かかる(=抜け出せなくする手法)

・自称コンサル生のレビュー記事に「楽しかった」「他の人は何十万上がった」という話ばかりで、自分はいくら稼ぎが変わったという記載がなかった

Youtubeのコンサルもしますと言って、自身のYoutubeの再生回数が300もいっていない

 

で「あ、こいつダメだ」と確信し、話を切りました。

ついでに「このサイト見て怪しいとか言われないんですか?」と聞くと「そう思う人は僕たちを羨ましいと思う人だけですね」と言われ、宗教家が支配したい人に罪悪感を覚えさせて思い通りに操る手法を思い出したり、何度も「あなたにお任せします」を繰り返し言っていてBYAF法じゃん~、勉強した知識役に立ってる~!とうれしくなりました。

(BYAF:But you are free.の略、買うのを強制するよりも強制しない方が購入率が高くなる手法)

 

その晩、記事をひたすら合併して34記事にまで減らし、プロフィールページを作って再申請しました。

 

 

11回の申請落ちの果て

翌日、もう動画の作成に専念しようかなぁと考えていた時にGoogleからメールが、また落ちたんかなぁとか思っていると件名がない。ま、まさかと思ったら

 

f:id:Tsuquba:20190518210706p:plain

 

やったぁ!通ったぞ~何がwordpressじゃ、はてブロでも通ったぞ!万歳!ありがとうはてなブログ様!

 

という怒涛の一か月で収益化が通りました。

 

これから

とはいえ、誰でも書けるアフィリエイト記事を量産するつもりは一切なく、これまで通り編入のミスマッチをなくす活動をメインにしつつ、読者の方に笑ってもらったり、読者の方を勇気づけられるような記事を書いていきます。

 

広告が出てきて少々うざったいかもしれませんが、これから楽しみにしてください。がんばるぞ~!

 

 

似たような境遇の方へ

と一般の方向けに記事を書きましたが、もし、同じような境遇の人が見ていたら参考にしてください。僕の境遇をまとめます。

 

申請時:117記事(それまで無料のはてなブログ、つまり旧ドメインからの移行)

今:34記事(申請してから21記事ほど追加で書いた、うち12記事削除)

 

やったこと

ドメインの収得

・記事の削除(書き足しても1000文字以下にしかならない記事、日記系の記事は消した)

・記事の統合(Googleからのアクセスが多い記事に情報を統合)

サイトマップの送信(やり方はググってください)

・URL変更の手続き(サーチコンソールでできます、ググってください)

・プロフィール、お問い合わせフォーム、プライバシーポリシーの設置

 

という感じ、どれが効いたのかは分かりませんが、申請が通る前の晩に記事の統合とプロフィールを作ったのが響いたのかもしれません。

参考にしてください。

家庭教師の担当した子が頭良すぎた話 オンラインでの家庭教師の仕方と会社を仲介せず家庭教師をするメリット

anond.hatelabo.jp

 

今から五年ほど前から3年ほど家庭教師をしました。ですが、この記事は担当した子は魔法科高校の劣等生の主人公みたいな子でした。勉強に苦労している子かなぁと思ったら全く逆だった話です。


お品書き

  

 

8時間で2万

中学生ぐらいからあるお店でたむろしてました。そこで今回の家庭教師をする子と親御さんと知り合いました。
なので僕が高校に受かったことも大学受験に落ちて編入したことも全部知ってます。大学受験に失敗したとき親御さんに慰めてもらいました。

んで時は流れて編入試験に受かった後の頃。ある日メールが来ていました。

 

「つゆきくんさ、今余裕ある?うちの子理数系が全然だめでさ、家庭教師してほしいんだけどどう?4日ぐらいで一日2時間で2万円、終わらなかったら追加でお金払うよ!」

 

えっと、8時間で2万円って時給換算で・・・2500円!!!!!!?????当時やっていた850円の産地直売所のバイトに比べたら桁違いです。速攻おっけーしました。


初めての家庭教師

との一件があって、夏休みに家庭教師をしました。かれこれ3年ほどやらせて頂きました。
あらかじめ進める冊子を向こうが用意して頂いた(通常自分で用意する)ので、それを基にスケジュールを組みました。
具体的には章が何個あるから一日何章進めて、そのために最低限やる問題と、余裕があったら解く問題の2つを決めました。

家庭教師初日、親御さんとその娘さん(以下「頭良い」の頭文字をとってAさんと呼ぶ)の家に行って準備をしました。

親御さんにじゃあ宜しくねと言われ、授業スタート。

 

つゆき「この問題だけどわかr」

Aさん「あ、これ学校でやりました。・・・こうですか?」

つゆき「正解、やるぅ!じゃあこれは?」

A「・・・こう?」

つゆき「正解、いいね。」

 

このやりとりがずっと続きました。聞かれるとしてもやったことない範囲(序盤だけ教えるともう勝手に解いちゃう)、超難しい問題ぐらいしか聞かれませんでした。初日と2日目は楽でよかった~と思うんですが

「こんなので高給取りになってよいのか・・・いくら年功序列の日本社会とはいえ、やりすぎでは・・・」

と罪悪感に襲われてきます。

そこでせっかくだし面白い授業をしたいと考え始めます。ふと高校の英語の先生を思い出しました。その英語の先生はなんで過去分詞形はHaveなのか、なんで分子の軌道はK核からなのかとか「そもそもなんでなの」って話をしていました。

それを真似していくつか話題を用意して授業に臨みました。問題を僕のサポート無しで解いている横で

「1+1=2を証明するのに論文一本書けちゃうんだよ」とか、

「劣性遺伝は劣っているって意味では無くて翻訳の都合からそうなったんだよ。」

って話とかするとウケました。

別の日には実物を持っていくことに。これが意外とウケ(主観的評価)ました。

電気のお話のときは直列回路と並列回路をつくって並列回路の片方を電球を引っ込む居ても明るさ変わらないよって話とか、なんで電流計は直列でつなぐのに、電圧計は並列でつなぐか知っている?とか
しばらくして塾講バイトを始めるのですがこの経験が役に立ちました。

 

 

電気の授業で使ったやつ。(小学生のとき誕生日に買ってもらった。)ブロックを埋めるだけで回路が作れるのと、持ち運びができるので非常に役立ちました。。

後は
「水素は水上置換で集めるってことは水に溶けにくいよね、つまり水素水にほとんど水素は入ってないよ。」
って話をしたら親御さんが水素水を飲んでいたので慌てて「少しは溶けるよ!」と修正をしました。

他にも自由研究何をしたら良いかとか相談に乗ったり、休憩時間におやつを頂いたりしていたら4日間が終わりました。

 

 

オンラインで家庭教師をしてみた

翌年もお仕事を受けました。ありがたや。ですが、僕が引っ越したのでお互い日程が合いませんでした。なのでオンラインでやることに。

問題はあらかじめ郵送してもらい、通話手段はSkypeを使うことにしました。親御さんが自称機械音痴だったので電話で色々手続きしながらSkypeを通せるようにし、映像を常時流すと音声、映像が途切れてしまうので音声通話だけのやりとりで授業をしました。Discordに変わりつつある今、Skypeを使うメリットを紹介します。

 

Wifiがあれば無料
・アカウントを教えるだけなので鯖立てなどややこしい作業が不要(困惑する人は鯖にすら入れない)
・板書、解答の共有が写真でできるから後で見直せる
・画面共有ができる
・Discordのアカウントがばれない

 

一時期Discordのアカウントのサムネ、ザブングル加藤の顔にしていました。通話しようとしてザブングル加藤が出てきたら首になります。

ふとペンタブを持っていたのと、Skypeが画面共有に対応したことを思い出してやったら、リアルタイムで板書を共有できるので便利でした。

そして板書のファイルは画像として保存できるので、授業中はイラストソフトに板書を記入して、後でまとめて送りました。

のように、オンラインでもなんとか家庭教師はできました。翌年もオンラインで対応し、その次の年は受験で理科が必要無かったので3年ほど教えて家庭教師を終えました。(Aさん、独学で第一志望の高校に受かったんだとか、もう凄すぎる。)

「理科に全く興味なかったのに、中学で科学部とか入っちゃったんだよこの子、ありがとうね~!」と言われてうれしかったです。勉強は全然教えられませんでしたが、学ぶきっかけづくりとしては貢献できたのかもしれません。

 


会社を仲介せず家庭教師をするメリット

もし、個人で頼まれていて引き受けようか悩んでいる、もしくは塾か家庭教師かで悩んでいる方がいらっしゃったら参考にしてください。

 

親御さん側

・安く済む。
実は、業者さんを仲介すると仲介手数料とられるし、塾に入れると教材費、施設費とかかかるからトータルで考えるとこっちの方が安いそうです。教材もブックオフで買った中古のやつで授業を進めました。

・信頼がある

知り合いです。何年もあっていればこいつなら平気だなってのが分かります。

・融通が効く

さっきのように対面でやってほしいけど、どうしても無理ってときはオンラインで対応できます。

 

自分側
・お金貰える

仲介が入らないので100%もらえます。

・自分の好きな通りに進められる

塾講ですと、授業中にスマホを見てはいけないとか、授業に関係しようが私語厳禁とかもろもろ罰則事項がありますが、一切ありません。

ネット上から情報引っ張ってきて「こうだよ~」といっても文句は言われません。

今風にいうなら裁量権が大きいと言えばよいでしょうか。

 

 

と、個人で頼むメリットをまとめてみました。実物を持ち込んだりして授業で工夫ができるのでその点が非常に楽しかったです。

ではまた。

労基通報についてプロの方から取材を受けました。 ライターの展望と自分のこれから

こんばんは、つゆきです。

先日からお騒がせしている労基問題ですが、なんとメディアに取り上げて頂きました!!!

 

enjin-classaction.com

 

しかも取材してくださった方がプロのライターの方!「ライターに片足だけ突っ込んでみたいなぁ」って考えがよく流れ星みたくよぎるので幸運!

読んで分かる通り、プロの文章って全然違います。参考URLをサラッと入れて目障りじゃない点、文章構成による読みやすさ、わかりやすさが...もう畏怖の領域...。

取材だけでなく、プロのライターとして貴重なお話も聞けました。今日は取材の裏話を書きます。

 

お品書き

 
発端

4月の第一週に労基に通報した記事を書いた際、Twitterはてなブックマークでこれまでにない量のコメントをいただきました。
その中に

 

是非話を聞かせてほしい。

 

とコメントが。(多すぎて気づけませんでした。)断る理由もないのでOKしました。

後日連絡を取り、取材を受けることになりました。

 

 

人生初取材!

取材をしてくださったのはenjinを運営しているクラスアクションの方でした。

enjinというのは、訴訟にかかるお金をみんなで分担して、誰でも訴訟、弁護できるシステムです。カーシェアリングクラウドファンディングなど、ものを共有するシステムは他にもありますが、訴訟という勇気のいる行動を「みんなでやれば怖くない」の精神でやりとげればいいじゃんって発想がすごい。


お昼を食べながら取材を受けました。とはいってもほぼ雑談で、僕がライターについて知りたいことを逆に聞いていました。

なんで取材をしてくださったのか伺うと、行動に移す点、おかしいと思ったことはおかしいと言う点がいいと思ったからだそうです。また、動いたら成功するという事例を広め、他の人のきっかけになった欲しいとのこと。(記事にある3ヶ月後に取材とはその理由。)


通報したきっかけは「おかしくね」と「ブログにしたら面白くね」の2つですが、勇気ある行動だと捉えてくださって光栄です、照れる。

 

 

現役のライターさんに聞く、ライターの現状とアドバイス

これ以外に、プロのライターの参考になる話を聞けました。


・記事のネタよりも自分の命を優先しろ
江頭2:50さんが「一本のレギュラーよりも一本の伝説を」と言葉を残した通り、5月中にもう一度労基に行くか~と考えていました。ただ懸念事項として試用期間であるので首が吹っ飛ぶ可能性がありました。

という話をしたら

「待て、自分のほうが大事。待とう。3ヶ月なんてあっという間だから」

と言われ、我に戻りました。仮にふっとんだらまた苦痛な就活が始まります。プロのライターさんですら、ネタの鮮度より自分の命を大切にするんだと気づけました。

この状態でどう記事を書けばいいんですかねぇと相談したら

「今の状態をどう面白おかしく書けるかじゃない?」

と、アドバイスを頂きました。例えば試用期間中に首が飛んだ例について、試用期間が終わってどう首が切られたかについて書く等あります。確かに。
と、ゴールしか見えてなかった人間に途中の道を照らしてくださりました。この記事もその発想から作成しました。


・人のつながりが大事
イベントなどに顔を出してコミュニティに入ったり、作りましょう。そうすると仕事を紹介してくれたり、良い人脈を紹介してくれるそうです。
僕も髪切っていた方に今の就職先をご紹介いただいたし同意です。

 

・ライター一本で食っていくのは厳しい
記事一つ当たりの単価が減ってきています。ITのおかげで外注しやすくなったし、書く敷居が下がってライターの数も増えたからでしょうか。そのおかげでライター一つで食べられる人はごくわずかだとか。

もし、これからライターとして生きていくなら、自分のメディアを持つ、ライター+αのαに何を作るかが大事だそうです。僕だったらなんだ?編入?労基?動画?ともあれこのブログは継続して書いていきます。


・批判コメは自分が出来ないをしている妬み

自分にも刺さる...。何か批判しそうになったらこの言葉を思い出します。

 

・少ないはチャンス、やれると思ったら行け

一番響きました、そうだ。チャンスだ。少ないは恥じゃない、チャンスだ。少ないを人の心に響く形でどう表現できるか、僕の人生にかかってる。

 

と目からウロコが出る話をたくさん聞いて魚を錬成しかけました。取材及び貴重なお話をしていただきありがとうございました。

 

 

今後

労基は試用期間が終わるまで保留します。自分にも命があるので。

今後は情報発信だけでなく、情報を仕入れるにも力を入れます。本を読むとか、動画を見るとか、うまい人のブログを読むとか。そしてより質の良い情報発信ができるよう精進していきます。そして情報が誰かの役に立てば幸いです。

 

以上です、クラスアクションさんの今後に期待です。

 

enjin-classaction.com

 

皆様なら従いますか 「いいか、10分前に出社しろよ!」

そう言われた僕は翌日、3分前に会社に着きました。(ぎりぎりまで本を読んでました。)

 

目次

 

「10分前に来いって言ったじゃん。」

つゆき「おはようございます。」

上司「ちょっと、昨日10分前に来いって言ったじゃん。」

つゆき「はい、おっしゃってました。」

上司「なんで?先輩たちよりも後に来て何も思わないの?」

つゆき「到着時刻の違いで人間性を判断する方々ではないと思うので特には。」

上司「ねぇ、社会人として自覚はないの?」

 

定時前に来たので別に問題はないと考えていましたが、現実はそうではないみたいです。

 

つゆき「遅刻はしていないのですが何か問題があるのでしょうか。」

上司「いいか、9時から仕事をスタートするために5分前には着席するの、そのために10分前には出社しろって言ったの。これは一般常識!」

つゆき「(主語の拡大かぁ)それ一般常識なんですか、何を見て一般常識と判断したのでしょうか。」

 

我ながら超面倒な部下である。

 

上司「じゃあ検索しなよ、「社会人 5分前」で調べてみな。」

つゆき「(検索)」

上司「ほら、一番上に出ているじゃん」

 

一番上に出たのはねとらぼさんの5分前出社張り切りすぎて失敗しちゃった新入社員のお話でした。

 

つゆき「これ失敗しちゃったお話ですよ・・・。」

上司「・・・とにかく!素直聞き入れることも大事なの!成長しないよ!」

つゆき「聞き入れられないので詳しくお話しください。」

 

今振り返るとどこまで譲歩するかあらかじめ考えていた方がよかったかも。

 

上司「社会人ってのは責任を持って仕事をしないと駄目!業務を責任もって遂行させるのが社会人なの。学校と違って、大事なのは会社に利益をもたらすこと。そのためには責任と使命感ってのが大事なの。」

 

出社の話から責任の話になった。

 

つゆき「ごめんなさい、急に出社時刻から責任の話をされても困ります。」

上司「じゃあさ、会社でみんな適当に仕事をやったらさ、どうなると思う。」

つゆき「分からないです。」

上司「経営が悪化して潰れちゃうでしょ。そうしないためにも使命感と責任を持って働くの。」

 

そういう人がいても回るようにするのが会社の役目です。僕の仕事ではないです。ただ使命感を持った方がよいという意見には賛成。それを出社時刻で判別するのは違います。

 

つゆき「話は理解しましたし、使命感についても僕は同意です。しかし、責任と使命感は強要されるものではないと思います。」

上司「別に素直に聞き入れなくてもいいよ、ただ素直に聞き入れないと約束守らない人間になるよ。10分前に出社しないっていう小さな積み重ねがいつか約束を守らなくするから。」

つゆき「出社時刻は守っていますが・・・。」

上司「じゃあさ、朝8時に納品しろって言ったらどうする?」

つゆき「出社時刻9時なので断ります。」

上司「えぇ・・・。(困惑)」

 

仮に8時に納品したらお客さん「こいつらなら無茶な注文してもOKなんだな」って思い始めますので・・・。

 

上司「・・・ともかく俺が言いたいのは信頼関係の構築が必要なの。そのためにも社会人として自覚をもって責任と使命感を持って仕事をするの!もうかれこれ50分ぐらい話したから作業に戻るね!」

 

ってことで10分前出社、皆さんなら従いますか?

 

追記:書き方が悪かったので、二人の仲に悪い印象を受けてしまった方が多く、申し訳ないです。上司と仲たがいはしてないです。証拠にお昼おごってもらいました。

 

 

改めて思い返す

2日経って改めて思い返すと、もう少し聞き入れるべきでした。

会社ってのは人間関係で成り立っています。だから理不尽な人間関係は極力減らしつつ、よい関係を作っていくことも大事です。

しかし、今いる部署が人数が少なく、取捨選択している状況ではありません。生きていくためにも、嫌な人とも良い人間関係を築いていき、相手を全否定ではなく、ここまでは譲ってここから先は譲らないと線引きをすると決めました。

今の身分を考えると、これからは線引きラインを超えない範囲で上司に従いつつ、おかしいと思ったらきちんと聞こうと考えています。

 

と思っていたんですけど、上司、昼の開始時刻守らないし、定時も守らない。なんだこれ。大人しく聞こうじゃないわ。理不尽すぎる。今度もう一度言われたら「昼休みの時間と退社時刻を守らないのに何を言っているんですか?」って言い返すかもしれない・・・。言い返したくないけど。

と考えているうちに社会に適合できる気がしなくなってきた・・・。

有料志望理由書は悪くないので意見をさせてください

久しぶりに編入界隈が(いろんな意味で)荒れているのでコメントをさせてください。


その前だと5年前に編入は甘えだから刺されても文句言うなよっていうつぶやきが燃えた以来でしょうか。


目次

 

 

2文で分かる今回の件

ある団体の方々が「かっこを埋める志望理由書のテンプレ」を抽選(昔は有料)で配布しようとしたところ、法律的、道徳的問題を指摘された。そこからごたごたしている。

 

 

発想は素晴らしい

お金の話は置いといて、僕は実物を見ていませんが、空欄を埋めるだけで志望理由書を作成できるというフォーマットを作ったことに関してはお見事だと思います。
何人も志望理由書を見たからこそできたものだと思います。

 

話は変わりまして、かっこうめの志望理由書には賛否両論あると思いますが、僕は丸写しではなく、流れを見る程度であれば別に構わないと考えております。

大事なのは自分の意見を自分の言葉で考え、言えるようにすることです。他人が書いた同じ枠組みでいいですか?自分は自分、他人は他人です。

志望理由書が思いつかないのであれば、編入ではない別の道を進むべきです。無理に編入に道を合わせないでください。編入は「目的」ではなく、「手段」です。

 

 


公正さという観点

今回は何でいけなかったのか僕なりの推測です。

 

・他の方々は無料で情報発信しているのに、お金を絡ませたのでマイナスイメージを持たせてしまった。(環境が合わなかった。)

・よくわからない人が書いた志望理由書を鵜呑みにして、人生をめちゃくちゃにしてしまう懸念から批判の的になった

 

の2点です。まず1点目から、編入界隈の多くの皆さんは


編入は良いもの、出来ればお金はからんでほしくない。

 

と考えております。でなきゃTwitter、ブログで無料で情報発信なんてしておりません。
それに付随するもの(志望理由書、大学に関する情報)も同じ考えです。

何故かといいますと、公正さという観点です。学問、知識は数えきれないほど多くの人が作ってくれた遺産です。つまり学問は誰のものではなく、誰でも触れられてほしいと考えています。学問に触れる機会の手段の一つとして編入があると考えています。

そこにお金が絡んでくると、支払い能力のある人間だけが生き残ります。学問はだれでも触れてほしいのに、お金の支払い能力によって触れられない人がいるという状況が起きてしまいます。そんなことは出来れば起きてほしくないと、どこかで思っているのでこのような騒動になったと推測します。

 

では予備校は批判されないで、今回の方々は批判されたのか。予備校は「実績」を売りにしています。何人受かりましたってやつです。

 

人間とはネガティブなところに目が付きやすいので、新しいもの(正体の分からないもの)に対しては悪い方向に目を向けがちです。なので「そんなことをしては落ちてしまう!追放しろ!」という視点になってしまったのです。そうやって先祖の方々は生き残ってきたのでしょうがないです。

この「実績」が予備校と今回の件の違いです。

 

法律を指摘する声もありましたが詳しくないので詳しい方にお任せします。(指摘を読みましたが、鋭くてびっくりでした。)

 


お金が絡むと善意が消える

これはただのおまけです。今回の件はきっと善意でやってくださったのですが、お金が絡んでくると人はマイナスイメージを持ってしまう例もあります、例えば


・ある地域が原発のごみ処理場に選ばれることに賛成か?と聞いたところ賛成が50%で反対派をギリ上回った。しかし、年間数十万円を給付する条件を追加したところ、賛成は25%にまで落ちた。

・保育園でお迎えの時間に遅刻したら罰金を科すようにしたところ、遅刻者がかえって増えた。


というようにお金のせいで善意が喪失、もしくは善意が見えなくなってします。
現に話題になった時、多くの人が「自分は無料で志望理由書の書き方公開していますよ~!」とそろってつぶやきました。

他にもクリエイティブな発想が出来なくなるという研究もあります。びっくり。

 

 

これからどうするか?

工学出身の人間なのでビジネスに関してはさっぱりですが、「信頼」を得るところから始めたらどうでしょうか。

例えば志望理由書の一段落目まで公開するとか、それ以外にこういう講座を開いてまして、体験版でどうでしょうか?みたいな。余計な一言かもしれませんが、アイディアの足しにしてください。

 

最後に、批判されて嫌になっていると思いますが、僕は応援しています。プロフィールを拝見しますと学生起業をされていますし、失敗はつきものです。

事業を立ち上げて、お金を回すようにするとなると本当に大変です。苦労してお金を回そうとしている姿勢は本当に見習いたいです。

いいアイディアは、人の多様性から生まれてくるという研究もあります。「部外者は立ち寄るな!」ではなく、少しでもいいので耳を傾けてはどうでしょうか。

 

 

参考文献 

紹介します、つくばのとんとこ豚に行くと元気になれる

筑波大生の胃はラーメンから出来ていると言われております。そのくらい大学近辺にはラーメン屋が多いです。手軽に食べられるという点でラーメンを好まれるのかもしれません。

そのせいか、他の美味しいお店の影が薄くなっています。ご飯をどこに行くか論争でも

 

「夕飯行こうぜ〜」

「いいよ〜どこいく〜?」

「どこでもいいよ〜」

「...俺もどこでもいいけどラーメンでいっか?」

「いいね」

 

という会話を繰り広げます。その影が薄くなっているお店の中でガッツリ食べたい人に紹介します。知り合いが筑波に来たらここを紹介します。

 

その名も

 

とんとこ豚

 

です。


f:id:Tsuquba:20190505192012j:image

 

夜行ったので写真が暗いですが、きれいなお店です。場所はサイベックスの近く。県外に就職したにもかかわらず、つくばに戻って食べに来る人がいるぐらい隠れた名店です。

お店はやや小さめなので、予約しておくといいかもしれません。

 

メニューはとんかつの定食を始め、揚げ物がメインです。昼は1000円前後で満足できる定食が食べられます。最初に行ったらとんとこ丼をお勧めします。ソースととんかつのコンビをここまで引き出せるものは他にないかもしれません。
夜は居酒屋っぽいメニューに変わり、日本酒、おつまみも頼むことが出来ます。学生だと昼にしか頼めないメニューも夜に頼むことが出来ます。


f:id:Tsuquba:20190506134113j:image

メニューを頼むとキャベツの千切りがついてきます。なんとおかわり自由。

ドレッシングが青じそとゴマの2種類あるのであきずにたべられます

 

今回は先輩方と来たのでサイドメニューを頼みました。

f:id:Tsuquba:20190506134122j:image

右がごぼうを揚げたもの、左はフライドポテトと唐揚げです。他にももつ煮、たこの唐揚げなどを頼みました。どれも丁寧に揚げられていて、衣がキレイです。

 

そんなサイドメニューを食べながら先輩との会話に話を咲かせていると、メインディッシュが来ます。


f:id:Tsuquba:20190506134130j:image
今回僕が頼んだのは味噌カツ定食です。定食だと、味噌汁とごはんを一度お替りできます。とんかつが分厚く、しっかりした歯ごたえ、肉感があって、幸福を感じます。都内で食べたら3000円ぐらいするかと。むしろそれ以上かもしれない・・・。

 

今回食べた味噌カツ、味噌が渋い味をしていて、またこれがごはんと合います。ご飯が進む進む、機関車の如く進みます。気づいたら食べ終わっていました。

 

漬物もお代わり自由なので仮にカツを食べきってしまってもごはんを食べられます。

 

とお腹いっぱいになって帰れました。また機会があればお邪魔します。

筑波は確かにラーメンがおいしいです。今のうちに食べられるだけ食べてほしいです。

ですがそれ以上にとんとこ豚は美味しい存在です。ラーメンと比べたら少々値が張ると思いますが、間違いなく満足できます。

是非足を運んでみてください。