初めての理系編入

編入のミスマッチをなくすをテーマにブログを書いてます。関係ないことも書きます。

【スポンサーリンク】

クビがきっかけで両親と喧嘩し、絶縁したっぽい

クビになった当日、さすがに報告はしておかないと思い、母親に電話をした。

 

つ「もしもし。」

母「どうしたの?」

つ「クビになった。」

母「・・・はぁ?なんで?」

つ「労基に通報したのがばれた。」

 

酒豪もびっくりなストレートである。

 

母「はぁ(クソデカため息)・・・バカなんじゃないの?」

つ「クビになる覚悟もあったよ。もちろんクビになるためにやったつもりは一切ないけど。」

母「事前に母さんに相談するとかできなかったの?」

つ「母さんは法律に詳しくないでしょ、それとも決断のプロフェッショナルか何か?それと結果がうまくいかなかったから過程も悪かったって考えるのは違う。」

 

結果≠過程だけど、これは言い過ぎた。母さんに相談するまで頭が回るほど頭がよくないことは許してください。

 

母「あんた、親を何だと思っているわけ?親への感謝はないわけ?会社にも感謝の気持ちはないの?」

つ「母さんに感謝の気持ちがあるから電話したんだけど、お世話になったからまず最初に報告しようと思った。」

母「・・・私はなんていえばよかったの?」

つ「『そうなんだ、がんばってね。』の一言でよかった。こんな否定されるとは思わんかった。」

母「・・・はぁ。感謝の気持ちがないから、そういうあほな行動するの分からないの?普段から感謝してなさすぎ。」

 

論点のすり替えと精神論と人格攻撃はいけないって母さん。

 

つ「これ以上人格攻撃するんだったら切るよ。」

 

 

と言ったら電話が切れた。母は自分の非を認めないと有名なのでこれで絶縁かも。

 

 

~~

 

 

2日後、父から電話がかかってきた。

 

つ「もしもし。」

父「もしもし。・・・なんだ、言うことはないんか。」

 

母は息子に納得いかないことがあると父親にチクる。

どこかの息子は会社に納得いかないことがあると労基にチクる。

 

つ「会社をクビになった。」

父「・・・何が原因だ。」

つ「会社を労基に通報した。」

父「・・・お前な、まず社会ってのは理不尽なことばっかりだ。お前はそれを理解していない。」

 

クビになって死ぬほど理解した。けど理不尽=見過ごしていいではない。

 

つ「・・・。」

父「父さんはな、そんな理不尽な中で必死にこらえてから家族を養うことができた。」

 

父さんのおかげで大学院まで勉強することができたので感謝してもしきれない。ただ『生存者バイアス』って言葉を今すぐ教えてやりたい。今の日本を見てください。

 

つ「・・・。」

父「せっかく拾ってもらった会社に恩を仇で返すなんて、どれだけ父さんと母さん悲しんだと思っているんだ。」

つ「・・・。」

父「だいたいなんで今回通報したんだ、会社に従うことができなかったんだ」

つ「違法だったから。」

父「お前はプライドが高すぎる。理不尽に従うことを覚えなさい。」

 

母親の件があって我慢していたけど、勝手に口が開いた。

 

つ「じゃあお父さんは目の前で人が殺されているのにスルーするんだ。」

父「まず会社の話と殺人の話を同列に話している時点でおかしい。」

つ「おかしくないね、どっちも罪を犯しているよ。加害者が受ける罰則は違うけど。」

父「そうか、もう知らね。一人で生きていけ。」

つ「そのつもりだよ。」

 

通話が切れた。

 

 

どうすればよかったのだろうか。母親の言うことも父親の言うことも一理あることは理解している。就職先が決まった後に電話をかけるのが最善だったかもしれない。けど過去のことを責めてもどうしようもないからこんなこと考えたくない。

母に電話をかけたのは自分なので非は自分にある。でもこうなるとは思わんかった。うんうんうなづいて全面的に俺が悪い、会社に従わなかった僕がいけません。と認めればよかったのだろうか。

 

父に言われた「プライドが高い」、原因は自分でも何となくわかっている。過去に話しかけてくる人は何か弱みに付け込んでくるんじゃないか、周りの意見は聞きたくない、自分は一人だと考えている時期があって、その名残だと思う。今意識して変えようとしているけど難しい。

 

きっと両親の葬式を上げるのは自分になるだろうし、出来れば復縁したいがどうすればよいんだか・・・。

 

 

おまけ

父親との通話後、妹から電話がかかってきた。これまでの流れから残った家族との縁が切れると思っていた。

 

妹「母さんから話聞いたよ!大丈夫なの?」

 

シスコンになりかけた。危なかった。

 

つ「元気よ。ヘラヘラしてる。」

妹「なんだよ、心配するだけ損だったわ。」

つ「余計な心配かけてすまんかったね。あっはっは~。」

妹「笑い方サイコパスみたいだからやめろ。」

つ「あっはい、これから後輩と焼き肉食べるから後でかけ直すね。」

妹「父さんとの喧嘩したあとに焼き肉ってまじもんのサイコパスかよ。本当心配して損だったわ、バイトはするんだよ。」

つ「ありがとね、焼き肉が終わったらかけなおす。」

 

妹の方が母親していた。

誤解を解くために言っておくと焼き肉に行くのは父との電話の前から決まっておりました。

 

f:id:Tsuquba:20190529233617j:plain

後輩と焼き肉食べたら元気になった。筋肉はすべてを解決するというが、肉もすべてを解決すると思う。

 

 

すべての元凶

www.tsuyukey.work

 

 

ABOUT- この記事を書いた人-

20190520193945

Tsuyukey(id:Tsuquba)

社会人だった人、さっき「のけものフレンズ」というグループに招待された。質問、ファンメール等はお題箱orTwitterからどうぞ。詳しいプロフィールはこちらから。