初めての理系編入

編入のミスマッチをなくすをテーマにブログを書いてます。関係ないことも書きます。

【スポンサーリンク】

大学受験に失敗し、不本意ながら大学に進学する方へ

ご入学おめでとうございます!

 

 

・・・と言いたいところですが、このブログを読んでいるってことは「これから進学する大学に行きたくない・・・」「編入して人生巻き返してやりたいんだ!」とか思っているのでしょうか。毎年この時期になるとDMでそんな悩みをたくさんもらいます。

そう考えるのもしょうがないですが、僕はそんな考え方はしなくてもいいのかなと思います。毎年アドバイスを書いているのですが今年も書こうと思います。

 

 

目次

 

 

悩んでいることは別の人も悩んでいる

毎年3月から4月にかけてTwitterアカウントのフォローワーが増えます。つまり今悩んでいることは多くの人も悩むし、過去の人が悩んでいたことです。

だから希望の大学に行けなかったことで苦しまなくて大丈夫です、多くの人が悩んだことです。悩むことに労力を割かないで、今いる大学でできることは何か考えて取り組みましょう。

 

 

人間関係は大切に

「こんな奴と一緒にされたくないから孤独でいい!」となるのも構いませんが人生の幸福度は人間関係に依存しているという研究成果があります。

だから孤独にならずにサークルに参加するなどしてなるべく交友関係は作りましょう。この人間関係はダメだと思ったら、別のサークルに参加するとかして別の人間関係を構築すればいいです。

 

 

自分は自分、他人は他人

突然ですが質問です。

カレーライスとラーメン、どっちがおいしいですか?

 

答えられますか?比較できますか?多くの方は答えられたとしても時間がかかったはず。つまり、食べ物それぞれに良さがあります。

人も同じです、AさんとBさんどっちがいいですか、と言われてもAさん、Bさんの良さがあります。その人の良さは比較することはできません。

だから「偏差値」という一つの尺度に自分を括り付けて自分の価値を落とさないでください。

それでも「自分はどうせ大学受験に落ちたから・・・」とかネガティブな考えが頭に浮かぶと思います。断ち切るには目の前のことに夢中になるしか方法がありません。有名な例ですが、「キリンを思い浮かべないでください」というと皆さんなぜか思い浮かべると思います。ですが、「ピンクのパンダを思い浮かべてください」というとキリンは出てこないですよね。つまり別のことを考えればいいのです。考える暇があったら行動しましょう。考えは完全には消えませんが、少しずつ薄くなっていくと思います。

不安は目の前のことに夢中になることでしか打ち消すことが出来ないと有名な先生も言ってました。

 

 

労力は動くことに割きましょう

僕は昔から生きるのに向いてないとか、働くのも向いてない、研究するのも向いてないとか、就職活動も向いてないとか、ありとあらゆる否定を受けてきました。けれどそんな自分が生きていくためには、誰も歩まなかった別の道を歩むしかありません。

そのためにもいろいろなことに手を出していく必要があります。突然ですがこの間会社を労基に通報してきました。それを記事にまとめたところ、昨日だけで70000アクセスを記録し、知り合いから「お前のブログ、もしかしたら面白いかもしれない」と言われました。本当にうれしかった。

大学院に行って気付いたことですが、考える暇があったら動くしかないです。もちろん動いて後悔することもあります(現に労基に通報したことは後悔もある)。けれども僕たちは学習して行動していくしか方法がありません。成功からは報酬を得られますが失敗からしか学習することが出来ません。

僕は動き続けます、社会不適合だなんだと罵られてきた自分が生きていけるということを証明して、同じような境遇の人が活躍できる環境を作ります。

 

一緒に動きましょう、僕も一緒に動きます。